資金管理のバランスを重視して無理のないFX取引

ハイレバレッジでどんどん資金を効率よくまわしていけばすぐにFXで莫大な資産を作ることができそうだということを夢見ていたのですが、エクセルなどを使って計算してみるとわりと楽に達成できそうに見えても現実はそう甘くはなく、やっぱりコツコツと増やしていくことが一番だとわかりました。

私は投資にあまりお金を使う余裕がないからわりと小額でFXをしていることもあるから、
あまり損失を抱えても大した金額にはならないおかげで強気で取引に臨むことが多いけれど、取引で負けた場合に資金全体から大きな割合を引かれると次のポジションが小さくなってしまうのです。

これだと利益の幅を更に多く見積もって取引で勝たないと、前の負け分を取り返すのはもちろん後々資産を増やしてくなんてことはかなり厳しいとようやく気づいたので資金管理のルールを作り直しました。

最近はレバレッジを低く抑えてポジションを持ち、もし利益が乗ったら枚数を増やして徐々に相対的なレバレッジを上げていって、損失方向から反発しないようなら見切りを早くしてリスクを回避しています。

FXと人生

FXと人生って同じなんじゃないかとふと思う事がある。
安易な考えでこの世界に入るとすぐに退場させられてしまう。
一攫千金を夢見てギャンブル的に取引をすればあっという間に荒波にのまれる。
チャートのように昇るスピードが早ければ早い程落ちていくのも一瞬だ。
焦って先を急いでビギナーズラックで大金を掴んでもそれ以上の速さで大金を吐き出す羽目になる。

情報に惑わされずコツコツと過去の分析をしマイルールを作りあげ、資金管理をしっかりと行う事を決める。だけどウズウズと湧き起こる欲望を抑え切れずあっさりとルールを破り負けると自分に言い訳をして勝っていると調子に乗って実力だと勘違い。

本当は簡単な事。上がるか下がるか2分の1。
サイコロ振って決めたっていいんです。
ここまで来たら損切ってここまで来るまでは利益を決済しないと決めてただただそれを守ればいいだけ。そこに努力して情報をチェックしたりチャート分析をする事で更に勝率は上がる。
負け組9割、勝ち組1割と言われるのもそれだけ自分に厳しくいられる人が少ないという事でしょうか。FXは何よりも忍耐、自分との戦いです。人生と同じですね。

FXの怖いところはレバレッジにある

近年、盛り上がっているように見えるFX。

しかし金融商品である為、当然損をする人も多いと言われています。

その原因は「レバレッジ」です。レバレッジは自己投資金額の何倍もの金額を賭け、勝てば戻ってきますが負ければそれが全部負債となります。

そのため、借金を背負ってしまう人も多いのです。

特に海外業者の中には何百倍、何千倍ものレバレッジをかけられることを売りにしている業者も存在しますが、よく考えてみてください。

自己資金が1万円しかないのに100万円賭けられるとしたらどうでしょうか。

一勝負賭ける人もいるかもしれません。
これがFXの怖いところです。いかにも簡単にできるように宣伝していますが、実は綿密なシステムを理解し、投資について勉強し、自分なりにいろいろとシステムを構築しながら考えていかなければ、簡単に短期間で何万円も儲かるなどというものではないのです。

その代わり、きちんと通貨の相場を勉強しながら自制して考えながら投資として行える人はそうそう大きな損はしないでしょう。