資金管理のバランスを重視して無理のないFX取引

ハイレバレッジでどんどん資金を効率よくまわしていけばすぐにFXで莫大な資産を作ることができそうだということを夢見ていたのですが、エクセルなどを使って計算してみるとわりと楽に達成できそうに見えても現実はそう甘くはなく、やっぱりコツコツと増やしていくことが一番だとわかりました。

私は投資にあまりお金を使う余裕がないからわりと小額でFXをしていることもあるから、
あまり損失を抱えても大した金額にはならないおかげで強気で取引に臨むことが多いけれど、取引で負けた場合に資金全体から大きな割合を引かれると次のポジションが小さくなってしまうのです。

これだと利益の幅を更に多く見積もって取引で勝たないと、前の負け分を取り返すのはもちろん後々資産を増やしてくなんてことはかなり厳しいとようやく気づいたので資金管理のルールを作り直しました。

最近はレバレッジを低く抑えてポジションを持ち、もし利益が乗ったら枚数を増やして徐々に相対的なレバレッジを上げていって、損失方向から反発しないようなら見切りを早くしてリスクを回避しています。